都市ガスとプロパンガスには、それぞれメリット・デメリットがあります

トップページ

プロパンガスと都市ガスのメリットの違い

プロパンガスと都市ガスではそれぞれメリットの違いがあります。まず火力の点では、プロパンガスの方が都市ガスよりもおよそ2倍の熱量があるため、火力が強くなります。

そのため、特に火力を必要とする中華料理などの料理店では都市ガスの使える地域であってもプロパンガスを使用するところもあります。

それからプロパンガスは仕組みがシンプルなため、災害からの復旧が早いのです。都市ガスの場合は地中にガスのパイプを埋設させる必要があるため、特に災害時においては時間がかかってしまいます。

プロパンガスは、建築時のコストパフォーマンスが良いところもメリットです。プロパンガスの会社は競争が激しいため、設置を条件とした初期費用の肩代わりといったサービスも行うことがあるため、場合によってはほとんど費用がかからないためかなりお得感が強いです。都市ガスに関しては、地中にあるガスのパイプから建物内までにガス管を通す必要があるため、そのための費用がかかってしまいます。

それから引越しにより都市ガスからプロパンガスのエリアに変わってから、ガス代が高くなってしまうということもあります。これはプロパンガスと都市ガスの料金システムの問題もあるのですが、ガスの供給会社に交渉したり供給会社変更するなどの工夫をしなければ価格は高額なままになってしまいます。

とはいえ、賃貸物件に住む方はガスの違いを知らない方がほとんどのため、選択する余地がなくそのまま使用することになります。的確な知識を得ることで、プロパンガスならではのメリットを享受できるのですね。